未分類

スーパーフード「キヌア」は栄養価高いって本当?

更新日:

その極めて優れた栄養価によって健康・ダイエット・美容など様々な観点から注目を集めている「スーパーフード」!

そんなスーパーフードのなかから、今回は「キヌア」を取上げてみたいと思います。

 

キヌアっていったい何者?

キヌアはアンデス地方で何千年にもわたり食べられ続けてきた植物。

古代インカ帝国においては、とうもろこしと並んで神聖な食べ物とされ「穀物の母」とも呼ばれていました。

モチモチ・プチプチした食感が日本でも人気となり近頃はスーパーなどでも手軽に買えるようになってきましたね。なお、わたしたちが知る“2㎜ほどの少し潰れた円形の粒”はキヌアの“種子”を脱穀したもので、(イネ科ではありませんが)雑穀に分類されています。

 

なお、キヌアが世界的に広く知られるようになったのは90年代のこと。NASAが宇宙における理想的な食材の1つとしてキヌアに注目したのがキッカケでした。さらに、国際連合が栄養価が高く、雨が少ない環境でも逞しく生育する性質を持つキヌアは飢饉対策に貢献する食材であるとの見解を2013年には示しています。2013年は国際キヌア年に制定されました。

これにより「キヌア」のスーパーフードとしての地位・知名度は確固たるものとなったのです。

急に有名になりましたもんね~(しみじみ)

 

キヌアの栄養素は何?栄養価はどれくらい?

NASAや国連が認めるだけあってバランスに優れているのが特徴。小さな粒のなかには「タンパク質、アミノ酸、脂質(その多くが健康にプラスとなる不飽和脂肪酸)、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、ビタミンB6、葉酸…」と、一般的な穀物に比べ豊富な栄養が詰まっています。

白米と比較すると、カロリーはわずかに低いです。たんぱく質は2倍、食物繊維・カリウム・カルシウムは6倍、マグネシウムは7倍、鉄分は9倍。必須アミノ酸も多く含んでいるので現在日本人が主食であるお米や小麦と比較すると栄養価のバランスと量はキヌアのほうが優れているんです。

 

 

つまり「キヌア」を食べれば“効率よく多様な栄養成分が摂れる”というわけ!

栄養の偏りが気になる方やダイエットによる栄養不足が気になる方はもちろん、(不飽和脂肪酸を含むため)血圧やコレステロール値を気にされている方、女性に嬉しい成分も多いことから…肌荒れ・貧血・ホルモンバランスの乱れなどに悩みがある女性に特にオススメです。

 

 

NASAや国連もその栄養価の高さを認めたキヌア。

栄養補給のほか、“生活習慣病やアレルギーの予防”、“貧血・冷え・PMS対策”および“美肌・美髪・ダイエット”などへの効果も期待される成分を含んだこの小さな粒、ぜひ日々の食事に賢く美味しく取り入れていきましょう。

 

「キヌア」の手軽な食べ方

日本では、白米に混ぜて炊き込むのが一般的でしょう。他の雑穀と同じような使い方ですね。

白米1合に対し大さじ1ほど「キヌア」を混ぜればプチプチ食感がアクセントになったご飯に、全体の1~2割を目安に混ぜて炊けばモッチリ食感のご飯になります。

(水分量は白米のメモリに合わせればOK/炊く前にしっかり水洗いすれば“キヌア特有のニオイや苦味”は気にならなくなります)

 

また、キヌアは茹でても炒めてもオイシイ食材です。

「よく洗ったキヌアを野菜や肉などと一緒にスープやカレーに加えて煮込む」、「ご飯の要領で炊いたキヌアを好きな野菜と和えてドレッシングをかけサラダに!」、「下茹でしておいたキヌアを野菜や肉と炒め合わせる」などなど多様な食べ方が可能です。ちなみに本場南米では、ホットドリンクにしたりクッキー生地に混ぜ込んだりと様々な形で「キヌア」が食べられているとのこと。

 

ぜひ、皆さんも色々試して“自分好みのキヌアの食べ方”を探し、楽しくキヌアのスーパーパワーを取り入れていってくださいね。

-未分類

Copyright© グラノーラ 栄養 キヌア , 2018 All Rights Reserved.